読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もじゃもじゃと手を動かす

日々の思考のゴミ捨て場

初めに言葉があった

差別をしないとは、みんなを同じ扱いにすることではなく、一人ひとりの違いを理由に態度を変えないという意味だ。

 

www.huffingtonpost.jp

 

身に沁みる、とはこのことか。

記事自体は、生理痛のひどい女性社員を上司が理解しようとしてくれるええ話。

 

自分自身で言うのもどうかと思うけれど、

割と体力的にも精神的にもタフであると自負しているので(なんなら生理痛もなくはないけどスルーして仕事できる程度には辛くない)、

ちょっとしたことで精神的に不安定になる人や体力的に無理して負のスパイラルに陥って日々のパフォーマンスが落ちる人が許せない。

それがたとえば職場(今昔、部活とかバイトとかボランティアとかサークルとか、個々人の役割がある場所)にいたりするとすごい嫌悪感を持ってしまい、フォローする気が起きなくなる。

さらに男性ともなると、自分で書いていて引くけれど、

「タフじゃない男ってなんなん!?キモいねん」と思ってしまい、嫌悪感は増幅される。

 

もしや私はトランプ大統領並に自分と相容れない他者を拒絶するタイプなんじゃないかと考えたりして、

いやそれ人間として性格悪すぎでしょ、

 

でも差別しないとか無理じゃない??

 

 

人間だもの誰にでも同じように接するとかはできんくない??

 

 

というモヤモヤを抱えてたんですが、

冒頭の言葉を読んで、ふっと思考が楽になった。

 

相手を同じパーツにはめこもうとするのではなく、

かといって自分のパーツを無理に捻じ曲げるのでもなく、

「違うことを理由に、態度を変えない」。

 

言語化できたときのスッキリ感を、久々に味わう。

 

 

会社にいると同じ言葉ばかり使ってしまう。

「おはようございます」「お疲れ様です」「本日の予定です」「恐れ入ります」「大変申し訳ございません」「すみません」「よろしくお願いいたします」「ありがとうございました」「確認いたします」

 

日々同じ言葉のルーティンで、新しいコミュニケーションはなかなか生まれない。

 

自分の気持ちをきちんと言葉にのせてゆくことの大切さよ。

もやもやした気持ちを、臆することなく表現することのまぶしさよ。

 

言葉にこそ人は成長させられるのだ。

 

 

ラインのスタンプでコミュニケーションが成立すると、思うなよ。