もじゃもじゃと手を動かす

日々の思考のゴミ捨て場

土曜日の病院、日曜日のワンピース

最近起こった休日のいろいろ。

 

同僚のお見舞いに行く

同僚が急性胃腸炎にかかって職場で倒れ、緊急入院をしてしまったので、そのお見舞いに行った。

事前に何か食べたいものある?と聞いたら、「7日間絶食しているから何も食べられない」と返事が来た。

驚いた。

急性胃腸炎って、とにかく絶食なんだなぁ。

ちょっと大きめの総合病院に土曜日に行ったら、案の定休診日だったので、がらんとしたロビーを進んで階を上がっていった。

ナースステーションにひとこと声をかけたんだけど、「あ、どうぞ」って、そのまま何も言わずに入り込んでも別に私たちは関知しません、という雰囲気で言われてしまった。大丈夫なのかな。とりあえず「訪問カード」に名前だけ書いてポストみたいな木箱に投函した。

 

身内以外のお見舞いって、正直そんなに行ったこともないし、同僚からはラインの返事も比較的早く来ていたので、入院しているとはいえそこまで大事ないと思っていたんだけど、

ドアを開けたら文字通り一回り小さくなった同僚がベッドにぐにゃりと横たわっていて、そこでさらに驚く。

自分と同世代の人間がここまで弱っている姿をあまり見たことがなかったので、ちょっと衝撃的な映像だった。

5キロ以上やせたという同僚の、細い細い腕から一本点滴の管が刺さっていて、ここからの栄養一本で一週間も生きながらえているというのがにわかには信じられなかった。人間ってすごい。医療ってすごいけど、ちょっと怖い。

「この点滴、結構高カロリーなんですよね」って看護師さんが点滴を取り替えていた。

同僚はまだ車いすなんかでは全然移動できなくって、倒れた時に持っていたペットボトルのお茶の中身もまったく減っていなかった。

それでも早く仕事に戻りたがる同僚をなだめすかして、療養に努めるよう説得して帰った。

 

セレクトショップのワンピースに弱い

弱い。めっぽう弱い。すぐ買っちゃう。

こないだ、普段あまり行かない街の、あまり歩かない通りで、ゲリラ豪雨をしのぐために入ろうとしたお店がセレクトショップだった。

2階に並んでいる白いリネンのブラウスとか、麻のニットとかがいちいちクリーンヒット決めてくる。

その並びの最後にやってきた黒い半袖のワンピースにノックアウトされた。

「黒いワンピース」、ニットやらコットンやら、安いのやら高いのやら持っているのに、結局手から離せなくてそのまま試着して、そのままカウンターへ。

もうこの店には一生来ないかもっていう思いとか、このワンピースを着てみたいっていう憧れとか、意外と買えちゃうかもっていう値段とか、

そういう色々な条件がだいたい3つくらい重なって、「買っても私の人生に失うものはない、むしろ買わなかった時に得る後悔がいちばんつらい」っていう境地にたどり着いちゃうと、絶対に後戻りできない。

だから結局買ってしまった。

案の定ものすごい満足感。

 

たぶん、こないだ資生堂の動画を見たのもちょっと影響しちゃってるんだと思う。

www.youtube.com

 

武井咲ちゃんの来ているワンピース、暗くてよく見えないけれど、最高だな…っていうのは伝わってくる。

suzuki takayukiの服は、いつか欲しい。

 

目だったことは特にないけど、なんだか色々と予定が入っていたということを忘れたくないので、少しずつ記録していきます。