もじゃもじゃと手を動かす

日々の思考のゴミ捨て場

3月31日のうな重

桜の季節に思い出すのは、何年か前に食べた、うな重とローストビーフの味。


それは社会人になる1日前の日だった。

すでに退職していたアルバイト先の上司に声をかけられて、同じく社会人になる先輩と上司の三人で、上野公園に花見に行った。


桜は満開で、当たり前だけど上野公園は満員御礼、みんなが思い思いにビニールシートを広げていて、正直もう場所取りなんて無理なんじゃないかと思っていた。

しかし、上司はするすると賑わう広場を抜けて、池の近くの、立ち入り禁止のロープが張ってあるほんの少し際のところに、ぽっかり空いたスペースをちゃんと見つけてくれたのだった。

上野公園であるはずは間違いないのに、あんまり人通りのない不思議な道ぞいで、池の向こうには人々の喧騒が聞こえた。


そこで食べたのは、上司が予約して取り置いてくれていたうな重と、自家製のローストビーフと、フランス産のワインだった。

わいわい騒ぐわけでもなく、とにかく黙々と三人で食べたうな重の味は、タレがこっくりと染み込んでじわじわと美味しさが舌に伝わってくるような、それはそれは丁寧に作られたうな重だった。

ローストビーフは真ん中が美しい紅色で、どうやったらこれだけ美味しく牛をローストできるのだろうと思うくらい、噛んだ時にじゅわーっと広がった旨味は、今でも忘れることができない。


三人で何を話したのかは、今では正直全然思い出せないし、あれからもう何年も、上司にも先輩にも会ってない。

でも、上司の振舞ってくれた素晴らしいごちそうは、味の如何もまだ対してわからなかった学生の小娘にとって、

これから出て行く社会で何かがあった時、この人は頼って良い存在だと思わせてくれるに足る、十分すぎるくらいの味だった。

たぶんそれを、普段は怖かった上司も伝えたかったのかな、と今になって思う。


食べ物で釣る、とか、そういうよこしまな話ではなくて、

美味しいごはんを、誰かと一緒に食べるという行為は、

時に言葉以上に相手と自分を信頼で結びつけてくれるのだということを、私はあの日のうな重とローストビーフから教わった。


だから私は桜の季節が巡ってくるたびに、鰻とローストビーフがどうしても食べたくなる。あの日に出来上がった信頼関係を、もう一度咀嚼してみたいと思う。